NGSロゴ

新規有用物質探索・発見・開発のための
共同研究開発基盤を持つ生物資源探索のリーディングカンパニー

お問い合わせ

01マレーシアの生物資源
02NGS研究開発体制
02多彩な共同研修スキーム
共同研究モデル
お問い合わせ
会社案内
HOME
ENGLISH Site
お問い合わせ
ニュースリリース
アステラス製薬株式会社と微生物資源探索についての共同研究契約締結のお知らせ

株式会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ(以下当社)はアステラス製薬株式会社(以下アステラス社)とマレーシア東部(ボルネオ島サラワク州)の微生物資源探索についての共同研究契約を締結いたしました。

この共同研究は当社の100%現地子会社Nimura Genetic Solutions (M) Sdn.Bhd.(以下NGS-M)がサラワク州内生物利用に関する唯一の許認可機関であるサラワク生物多様性センターSarawak Biodiversity Centre (以下SBC)と実施している微生物探索研究に、大手製薬会社が参加する初めてのケースです。

微生物の分離・培養・抽出は当社とSBCが担当し、スクリーニングはアステラス社が担当します。スクリーニングにより培養抽出物から活性化合物が見出された場合に知的財産はアステラス社、SBC、当社の共有とし、臨床試験などの開発ステップに応じてアステラス社よりマイルストーンが支払われます。また活性化合物を用いた製品が上市された場合には売り上げに応じたロイヤルティが支払われることになっています。
資源国であるマレーシアサラワク州への利益還元は、当社が得た売り上げから分配される仕組みになっています。
当社では本契約を通してアステラス社の醗酵創薬研究に新たな研究試料を供給することが可能になり、同社の研究開発に寄与できるものと信じております。

最後に、本共同研究はマレーシア政府のバイオ振興公社(Malaysian Biotechnology Corporation MBC)の協力を得て実施されることをお知らせいたします。本年、MBCの認定する優良バイオ企業承認であるBioNexusステータスをNGS-Mが取得したことにより、当社の得られるインセンティブは格段に大きくなりました。今回の契約締結は、現地に根差した企業として認められることが、企業としての利益につながることを証明できたケースであると考え、今後も資源国の利益につながるビジネスを展開していく所存です。


平成20年12月18日

株式会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ
代表取締役社長 二村聡

Malaysian Biotechnology Corporation
http://www.biotechcorp.com

BioNexusカンパニーリスト
http://www.biotechcorp.com.my/new/biz_bionexus_biocompanies.html

サラワク生物多様性センター
http://www.sbc.org.my

前のページに戻る トピック一覧 このページのTOPへ
お問い合わせ
共同研究スキーム、研究設備、研究開発の具体的な内容についてはお気軽にお問い合わせ下さい。
Copyright Nimura Genetic Solutions Co., LTD. All rights reserved.