NGSロゴ

新規有用物質探索・発見・開発のための
共同研究開発基盤を持つ生物資源探索のリーディングカンパニー

お問い合わせ

01マレーシアの生物資源
02NGS研究開発体制
02多彩な共同研修スキーム
共同研究モデル
お問い合わせ
会社案内
HOME
ENGLISH Site
お問い合わせ
お知らせ
生物多様性ビジネスに関する講演のお知らせ

当社では以下の無料イベントをバイオジャパン開催期間中に
開催することにいたしましたのでご案内申し上げます。
ご友人ご同僚をお誘い合わせのうえお越しいただければ幸いです。

「生物多様性」という言葉を新聞や雑誌などで見る機会も増えて参りました。
それとともに、この「生物多様性」を利用するビジネスに注目が集まっています。
古くからある薬作りの材料探しのようなビジネスと、全く新しい投資型ビジネス。
この二つを比較して検証しようというのが、今回のイベントの趣旨です。
皆さんの知らなかった情報満載です。

名 称 BIO JAPAN 2009
日 時 2009年10月8日(木)18:20
会 場 パシフィコ横浜 会議センター 418号室
タイトル 『生物多様性ビジネス二つの潮流 利用するビジネスと保全するビジネス』
講演者

演題

【演題】『保全するがビジネスになる時代』

企業と生物多様性の一般的潮流、世界的に関心の高まるGDM、欧米によるアジア生物多様性の囲い込みなど、刺激的なトピックについてご講演いただきます。

【スピーカー】 株式会社レスポンスアビリティ 代表取締役 足立直樹氏

【経歴】東京大学理学部、同大学院卒 理学博士 国立環境研究所勤務ののち、独立。

多くの先進企業に対して、「どうすれば持続可能な社会に貢献できる企業になれるか」、
「信頼される企業になるために、何をどのようにすべきか」を中心にコンサルティングを行っている。
「企業による生物多様性の保全」と「CSR調達(サプライチェーン・マネジメント)」が専門。
企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)事務局長、環境経営学会 理事、
国際NGOナチュラル・ステップ・ジャパン 理事、環境省生物多様性広報・参画推進委員会 委員、
環境省生物多様性企業活動ガイドライン検討会 委員、サステナビリティ日本フォーラム運営委員なども務める。

【演題】『生物資源を利用するビジネス−Bioprospectingとは?』

海外生物資源を利用してビジネス展開をする専門企業の経営者として、実際に資源国はどう考え
何を要求するのか、そして利用する企業はそれにどう対応すれいいのかについてお話いたします。

【スピーカー】株式会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ 代表取締役 二村聡

【経歴】明治大学農学部出身。マレーシア在住歴20年。

2000年6月株式会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズ設立、同年12月に100%子会社Nimura Genetic
Solutions (M) Sdn. Bhd.を設立。以来代表取締役社長、会長を経て2007年より現職。
2002年にはマレーシア森林研究所(FRIM)と 2004年にはサラワク州のサラワク生物多様性センター(SBC)と
微生物資源探索契約締結。『生物多様性条約を順守するためには、研究を出来るだけ現地で実施し、
生物資源の持ち出しを少なくすることが重要である』が持論。本年8月、ブータン王国政府と生物資源探索の
共同研究契約を締結、当社の考え方がマレーシア以外でも受け入れられることを証明した。

入場無料

会場が小さいので以下までメールで事前連絡をいただければ幸いです。
お名前、所属先、連絡先(メールアドレスで結構です)

皆様のご来場をお待ちしております。
草々

二村拝
生物多様性に関する当社公式ブログ「NGS通信」
http://ngs-lab.seesaa.net

前のページに戻る トピック一覧 このページのTOPへ
お問い合わせ
共同研究スキーム、研究設備、研究開発の具体的な内容についてはお気軽にお問い合わせ下さい。
Copyright Nimura Genetic Solutions Co., LTD. All rights reserved.